GeoDjangoアプリ開発 on Mac runserverまで

GeoDjangoとは

GeoDjangoはDjangoに標準で含まれているチリ空間データ用のモジュールです。地理情報システム (GIS) のWebアプリケーションの作成が可能になります。

GeoDjangoではじめる地理空間情報のチュートリアルに沿って作業を行っていたところ、PostgreSQL関連のコマンドでハマったところがあるので、runserverまでの手順をか止めておきます。

環境

  • MacBookPro 2018 Catalina

Homebrewで必要パッケージをインストール

brew install postgresql
brew install  postgis
brew install gdal

これで、PostgreSQL、PostGIS、GDALをインストールします。

PostgreSQLの起動

PostgreSQLの起動をbrew services start postgresqlで行います。
(pg_ctl -D /usr/local/var/postgres -l /usr/local/var/postgres/server.log startではない)

起動したらpsql -lでデータベースの一覧を確認する。

ユーザーとデータベースの新規追加

練習用にユーザーとデータベースを追加します。

createuser -s postgres
createdb -U postgres geomdb

追加したデータベースに入れるか確認

psql -U postgres geomdb

確認したら、exitでpsqlから抜ける。

Djangoのsetting.pyへの追記

上で設定したユーザーとデータベースの名称を、

django-admin startproject

で作成したsetting.pyのDATABASESに追加します。その他設定が問題なければ、python manage.py runserverでサーバーの立ち上げが成功します。